「やる気が出るようにしてください」って、私が!?

2017年12月13日(水)19:02

私の顔を見た時だけ「あ、やらなきゃ!」って焦ってしまうあなた(笑)
そのうちできていない自分に後ろめたさを感じて、私に会いたくなくなっちゃったりして。

焦って隠れる

 

安心してください。

私はあなたがブログを書こうが書くまいが、何も困らないし、ホームページのテキストがいただけなければ3ヶ月後に、「サンプルテキスト」で埋めたホームページを納品するので、私に「すみません」なんて言う必要はないんですよ~。

ライティング込みのプランに変更していただければ、私が代わりに文章を書いてあげることもできますし、あなたがやらないことで、私はまったくあなたを責めたりしませんよ!

・・・なんて言うと、めちゃくちゃ嫌味ですね(笑)

でも、これはマジで全然イヤミでもなんでもなくて、本当にそうなんです。
やりたくなければやらなければいい、というか、やりたくないことは、たとえ「やらなければならないこと」だったとしても、私が口を酸っぱくして言おうが、なかなか取り掛かれないし続かないのです。

 

なりたい未来

 

この「やる気」って何なんでしょうね?

以前、「やる気が出るようにしてください」と言われたことがあります。
(※注:「モチベーションを上げるメニュー」はありません)(笑)

私が思うに、「やる気」とは、やらなければいけないことをなんとか「やろう」という気持ちにさせるということではなくて、「勝手にやっちゃう」ことだと思うのです。

「やる気満々」の人って、「やめとけば!?」って言っても、きっとやっちゃうと思うんですよね。

この「勝手にやっちゃう」っていうのは、「めっちゃくちゃ好きなこと」もしくは「めっちゃくちゃなりたいことに気持ちが向かってる」っていうことが原動力なのではないでしょうか?

ただやみくもに「ブログを書かなきゃ」って思っているだけだと、たぶん「今日は○○ちゃんとランチ」「今日は○○セミナー」「今日は・・・」って、あなたが「やりたいこと」が最優先になってしまって、いつまでも書けないのだと思います。

 

なので、まず、「やる気が起きないな」と思った時点で、あなたはどこに向かってるのか考えなおしてみては?と思います。

  • どんなあなたになりたいの?何のために?
  • 3年後どんなことをしていたいの?
  • その状態になっていたら、あなたはどんな気持ちなの?
  • 幸せだな楽しいなって思う時ってどんな時?
  • 「気が付いたらいつもこれやってるよね」ってことはどんなこと?

みたいなことをちょっと書き出してみてはどうでしょう?

そこに向かうために、ブログは必要なの? ホームページは必要なの?
あなたの未来にブログがあるイメージができれば、きっと自然に明日から取り掛かれるのだと思いますよ。

やる気を出させるのは、塾の講師でも、メンターの先生でも私でもなく、あなたなんですd(゚-^*) 

 

なりたいあなたの未来にブログやホームページが描けた方、音声配信をやっているあなたがイメージできてワクワクした方は、こちらをちょっとのぞいてみてくださいね(^_-)-☆

 

*ぱそりあ*のメニューへのボタン

 

 

Share Now !Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

コメント欄の「Also post on Facebook」にチェックを入れてコメントするとFacebookにシェアできます。