料金が高いホームページ業者はボッタクリ?

ホームページの制作料金の相場とは?

巷でホームページ制作の料金というと、ほんとうに幅が広く、1万円で作る業者があれば、200万円以上するサイトもあったりします。

高い料金の業者は、本当は安く作れるのにボッタクっているのでは?と言われているのをよく耳にします。私もホームページ制作者の端くれですので、ここではっきり言っておかなければなりません。

まったくそんなことはありません!
ホームページ制作はそこそこ高いです!

1ページにサービス内容やアクセスなどすべての情報が記載されていて、メニューをクリックすると、その場所へスクロールして移動するようなサイト、そんな1ページもののタイプのサイトでも35万円以上します。

ホームページ制作のページでご紹介している制作事例のサイトたちは、20万円代のサイトが1つ、200万円弱のサイトが1つ、1ページものを除くと、ほぼ60~70万円以上といった具合です。

 

ホームページ制作の工程と種類

ホームページ制作というのは、ただ文字を入力して画像をはめるという単純な作業ではありません。
お客様との面談でヒアリングをし。サイトの構造が一目でわかるサイトマップを作成します。

サイトマップ見本

 

そして、各ページのレイアウトを作ります。(ワイヤーフレーム)

ワイヤーフレーム見本

この時点ではまだデザインはありません。

そして、ワイヤーフレームをデザイナーさんに渡して、サイトのデザインを作ってもらい、デザインカンプというデータをもらいます。
デザインにこだわらないとか節約したい、という場合はデザイナーさんに出さないこともあります。

デザインを待っている間に、ワイヤーフレームに沿ってサイトに入れ込む文字(テキスト)をお客様からもらったり、こちらからご提案するためのインタビューシートを作成し、文字をもらいます。

デザインカンプは、出来あがりのサイトの見た目そのままをillustratorやPhotoshopで作ったもので、それをお客様に確認していただいてから、それに忠実にサイトに反映されるようにHTMLやCSS、JavaScriptを書くコーディングという作業に入ります。

ここまでは、みなさんほぼ共通ですが、その他の違いがたくさんあるのです。

 

サイトの構造とボリュームの違い

サイトにも色々あって、

  • 始めに作ったままほとんどお客様側では変更しないサイト
  • どんどん更新していくためにWordPressを導入するサイト
  • 複数のユーザーがログインして各自のマイページを更新するようなシステムの入ったサイト

など、構造的なちがい

  • 名刺がわりに会社概要とメニューだけペラっとあればいいサイト
  • ページ数10ページ程度のかんたんなサイト
  • 20ページ以上の複雑な構成のサイト
  • 本サイトと会員サイトを連携させたサイト

などのボリュームの違いがあります。
WordPressが入るか入らないかで金額は大きく違ってきますし、ページ数が1ページ違えば5,000円~10,000円以上違ってきます。

 

その他目に見えない作業

ドメインとサーバー

サイト構築のためにはドメインとサーバーが必要です。
全くの新規でサイトを作成する場合は、ドメインやサーバーの契約が必要ですし、現行のサイトと置き換える場合は、メンテナンス中の表示にしたり、ドメイン移管作業が発生します。サイトの引っ越しですね。これはとっても慎重にしなくてなならない作業です。

企画提案、進行管理

どのようなサイトにするのがいいかといったご提案などの工程がまず初めにありますが、途中、ホームページ制作が予定通り進まない要因として、テキストや画像などの素材が揃わないということがあります。その進捗管理や納期通りに制作を完了させるために必要な管理業務には、デザイナーやプログラマーとのスケジュール調整も含まれます。

サポート

納品時には、サイトの更新をご自身で行っていただく場合、手順説明をさせていただきます。

納品後には、アクセス解析を定期的にお送りしたり、変更事項をサイトに反映させたりするためのサポート契約をする場合もあります。

 

ザっとわかりやすい内容だけ書き出してみましたが、だいたいこれで一つのサイトを作るのに2~3ヶ月かかります。

ここまでやって10万円・・・は、普通考えられません。

 

では、なぜ安い業者があるのか?

ホームページの値段を下げるには?

テンプレートを使ったイージーオーダー

「オリジナルのホームページを作ります」と言っても、制作会社によっては、ある程度ガワが決まったテンプレートを持っていることもあります。そのテンプレートの色を変えたリ、バナーを変えたリするだけで、オリジナルになるわけなので、納期も短いですし金額もお手頃になります。

WordPressのテンプレートをカスタマイズするのと、ほとんど同じような感じですね。私個人的には、スモールビジネスの方は、これで充分な気がします。

ただ、「テンプレートを使ってるので簡単です」なんて言ってくれる業者はいないので(笑)一から制作するだけの金額を請求されることがほとんどかなと思いますが。

文字より画像

ホームページが検索で上位に表示されたらいいな、と誰もが思っていると思います。

検索に引っかかってもらうためには、サイトに文字が必要量書いてなければなりません。なのに文字の部分を画像で作って画像をベタベタと埋め込んでいるサイトがたまにあります。

私も自分のサイトでそんなサイトを作ったので参考のためご紹介します。こちらです。上のほうの文字はほとんど画像です。

画像と文字の違いの見分け方ですが、PCの場合は文字をマウスでなぞってドラッグしてみて、文字が選択できればそれは「文字」です。画像がうっすらくっついてくればそれは「画像」です。右クリックすると「名前を付けて画像を保存」て出てくると思います。
スマートフォンの場合は、長押しして文字が選択できれば「文字」、「イメージを保存」と出てくればそれは「画像」です。

画像にちゃんとSEO対策している場合もありますが、何も指示していなければほぼないと思ってください。

で、値段とどう関係があるのかというと、文字は文字で作ってあるほうが料金が高いのです。画像をベタベタ貼るほうがコーディングが楽だからです。画像はデザインカンプの画像をそのまま使えばいいので、楽チンなのです。

画像は少なければ少ないほどページが軽くなり、表示速度も速くなります。ページ全部が画像で5万円なんて極端なサイトも見たことがありますが、最悪です。
SEOなんてどうでもいいから安く、という場合はこの手もありかもしれませんが・・・。

デザインにこだわらない

デザインにこだわらなければ、デザイナーさんに出さずに、コーディングする人にお任せで作るという手もあります。こだわるというのは、依頼者の方の見た目の趣味ではありません。

デザイナーさんにもよると思いますが、広告のこと、レイアウトや色など、専門的な理論をもってデザインしてくれるので、素人にはわからない効果というのがあるものなのです。

でも、せっかくデザイナーさんに作ってもらったのに、ユーザーさんの趣味であちこち変更し、台無しになってしまう場合もあるので、これは本当に微妙で難しい問題ではあるのです。

イニシャルコストを抑えたい場合

ホームページ制作にお金がかかるのはわかったけど、とにかく初めに一括というのが難しい、けどサイトはすぐほしい、という場合もあるかと思います。クレジットカードの限度額も超えてしまうこともあるかもしれません。

そんな場合は、業者さんにもよりますが、着手金と納品時支払いの2回に分けるという方法、納品時の金額は10~20万円で、あとは月々1万円ずつ数年にわたってサポート契約するなどの方法があります。

初っ端に払うお金のことをイニシャルコスト、継続で払うお金のことをランニングコストといいますが、このイニシャルコストを抑えて一見安く感じさせて、サポートで継続課金契約をし、トータル金額をあえて明確に言わないという業者さんもいるようです。

安いから安心と飛びつく前に

イニシャルコストを抑えるという意味では、良心的な業者さんも利用しているこの支払方法ですが、時々「え?そんなことだったの?」とびっくりするようなことになっている方もいらっしゃいます。

エステサロンのAさん
(このお話は、ご本人の了解を得て掲載しています。というかご本人から「こんなこと知らない人が多いと思うから書いて!」と言っていただいたので遠慮なくネタにさせていただいています)
WordPressのホームページが10万円で作れると聞いて、安いと思ってサイトを作りました。パソコンが苦手だったので、記事を更新したり、バナーを変えたリするために月々のサポートにも申し込みました。月額料金2万円です。まぁ、更新する月もあれば何もしない月もあるけど、言えばちゃんとやってくれるので、不満はない。けど、後でよくよく契約書を見ると、サポートの契約は3年縛り。2万円×12ヶ月×3年=72万円。
ホームページ代と合わせると82万円。

私が見せていただいた限り、どう見ても30万円くらいのサイト。サポートも私なら8,000円でやれる内容。途中解約の場合は残金全部支払わなければならない、ということは、これ全部サイト代ってことですよね!

この業者さんはどうなのかわかりませんが、ひどいところだと、解約の際、ドメインを渡してもらえないとか、解約したいと言ったとたんサイトを消されたという方のお話もご本人からお聞きしたことがあります。

そんなこともありますから、契約の前にはしっかり内容を確認、契約書はしっかり読みましょう!

確認ポイント

  • トータルでいくらなのか
  • サポートとサイト代は別個かどうか
  • サポート期間の縛りはあるのか
  • サポート内容はどんなことか
  • 更新を依頼したらすぐやってもらえるのか
  • ドメインは自分名義で契約してもらえるのか
  • ドメイン、サーバー、サイトの管理画面、ログイン情報を引き渡してもらえるのか

最低でもこれだけは確認しておきましょう。
無知なためにこれで泣き寝入りしている方、とっても多いです。

 

ちゃんとしたホームページは安くない。それを頭に入れておいてください。支払い方法とサポートも確認!
判を押す前に契約書をしっかり読みましょう!

 

それでもできるだけ安く作りたい、という方はWordPressがオススメです。

WordPressカスタマイズについてはこちら

 

Share Now !Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

コメント欄の「Also post on Facebook」にチェックを入れてコメントするとFacebookにシェアできます。