ドメイン、サーバーのこと。サイトの引っ越しやリニューアルができなくなる!?

2017年9月28日(木)01:30

すでにホームページをお持ちの方
今まさに作ってもらってるとこ、という方へ。

あなたはご自身のホームページのドメインやサーバーの情報って把握していますか?
ドメインを取得したのはどこのサービスで、サーバー会社はどこで、管理画面やログインのためのIDやパスワードなど、ちゃんと控えてありますか?

ドメインやサーバーは月払い、もしくは年払いでお金を払っていて、いったいいくら払っているのかご存知でしょうか?

ホームページのリニューアルをご依頼いただく中で、これがわからなくてギリギリのところで冷や汗・・・なんていうこと、意外とあるあるなんですよ。

今日はそんなことを書いてみたいと思います。

そもそもドメインとサーバーってちゃんとわかっていない!?

ドメインは表札、サーバーは土地、部屋

聞いたことがあるかと思いますが、ホームページを作るときにはドメインとサーバーというのが必要です。

簡単に言うとドメインはURLのこの部分

http://pasolia.net

長いURLの場合も、「http//:」の後の最初の「/」までの部分がドメインにあたります。

これは、お家でいうと、表札みたいなもの。誰の何ていうサイトですよというのがわかるようになっています。

domain3

そしてサーバーは、サイトのデータの置き場所。家を建てる場所。
サーバーを借りるというのは、土地を買ったり借りたり、マンションやビルで間借りするみたいなもの。

ドメインとサーバーがセットになって、住所が決まってはじめて「ここですよ」と言える、みたいな感じです。

ドメインは表札なので、どこのドメイン会社で取得したものでも、ドメイン管理会社やサーバーを引っ越しても、持って行くことができ、新しい引っ越し先でも同じ名前の表札を立てることができます。

よく「サイトを引っ越す」というのは、だいたいこのサーバーを変えることを言います。

「このドメインをどこどこのサーバーで使います」と宣言するために「ネームサーバーの設定」をします。
その設定を変更すれば、ドメインを別のサーバーで使うことができるのです。

ホームページを作る際には、そのドメインやサーバーを月払いか年払いで契約するのです。「ドメイン取得」とか「サーバー契約」とか言います。
お金を払わなければドメインもサーバーも使えなくなりますから、「借りている」ことになりますね。

サーバーも引っ越せますが、実はドメインも借り先を変更することができます。普段は「ネームサーバーの変更」だけで済むので、それほど頻繁にはしませんが、もとのドメインサービスの会社が閉鎖するとか、そことの取引をやめるとか、サーバー会社の都合とかいった時に、別のドメインサービスの会社に変更したりします。そのことを「ドメイン移管」といいます。

無料のホームページがあるのはなぜ!?

「無料でできるホームページってあるけど・・・」と不思議に思う方もいるでしょう。

家の壁や窓に、よその会社の看板やポスターを貼る代わりに、無料で使ってもいいよ、と言ってくれているのが
AmebaとかLINEblogとかのレンタルブログや、jimdoやWixなどのホスティングサービスです。

一応それにもドメインとサーバーはあるのです。ただ、広告がうるさいくらいに入る、下手したらヘッダーの代わりに広告が出てしまうということがあったり、

うるさい広告

ドメインがみんな同じだったりして、無料サイトってバレちゃったりするわけなんですね。

それでいいと割り切れるのなら、それはそれでお金をかけないやり方としては一つの選択肢ではあります。(私はオススメしません。理由はまたそのうち書くか、ウェブセミナーでお話しますね。)

ドメインやサーバーの情報を把握していますか?

  • ホームページを業者さんに作ってもらう場合、ドメインやサーバーのことなども業者さんに丸投げしていると、毎月の保守代の中にサーバーやドメインの管理費なんかも入っていて、お客様であるあなたは、どこの会社でドメインを取得して、どこのサーバーを使っているかわからないまま事が進んでいきます。
  • 契約書に書いてある場合もありますが、ほとんどの人が、わからないから見ていません。
    サイト公開した後も、何年もそのままほったらかしで、年払いの代金や管理費が静かに引き落ちていくだけなのです。
  • 別にそれ自体は問題ではないのですが、いざホームページをリニューアルしたい、となった時や、サーバーやドメインの会社を変更しないといけなくなった時、ドメインやサーバーの会社がどこなのかわからないなどということが多々あります。
  • 管理している人がわからない(そういう場合は大抵あなたのはずです)、もしくは制作した業者が廃業していたとか、会社はあるが管理者が辞めてわからなくなっているなんてこともあります。
  • 新しいサイトができているのに、公開できない事態です。
  • もうおわかりだと思いますが、家財道具一式がサイトの構成、見た目を作るデータです。
    引っ越しの荷物を全て荷造りしてしまっているのに、引っ越し先へ荷物を入れられないのです!
  • そんなことにならないように、サイトを作ってくれた業者さんには、ちゃんと
    • 「ドメインとサーバーの会社はどこですか?」
    • 「ドメインやサーバーの管理画面のログイン情報を教えてください」
    • 「ホームページの管理画面がある場合はログイン情報を教えてください」
  • 最低これだけは聞いておきましょう。

ホームページ制作についてはこちら

Share Now !Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

コメント欄の「Also post on Facebook」にチェックを入れてコメントするとFacebookにシェアできます。