ファイルを直接ダウンロードする超簡単な方法!

2018年6月7日(木)12:56

controlキーを押す

 

今日は超小ネタ、ちょこっと投稿です(笑)

WEB制作者側で書くか、訪問者側で書くか、めちゃめちゃ迷うのですが、読者さん側で書くことにしました。

ダウンロードしたファイルはどこにある?

ホームページを見ていると、時々「資料ダウンロード」ってありますよね。

クリックすると、資料が表示されたり、いきなりダウンロードされたり、その時々で色々かと思いますが、直接ダウンロードされちゃうと、いったいどこにいったのかわからなくなる方も多いと思います。

その場合は、特に設定変更していなければ「ダウンロード」というフォルダに入っています。

ダウンロードフォルダはWindowsPCの場合、左下の角のWindowsマークをクリックすると開くメニューから「エクスプローラー」をクリックすると、その中にあります。

エクスプローラーのダウンロードフォルダ

 

直接ダウンロードできなかった場合

「ダウンロードはこちら」をクリックしたのに、ブラウザでファイルが開いてしまった。これってダウンロードできてるの?ということもあるかと思います。

ブラウザで開くと同時に、ダウンロードフォルダに入っていることもあるし、ファイルが表示されただけでダウンロードフォルダに保存されていないこともあります。

ダウンロードフォルダになかった場合は、ブラウザで表示された画面上で右クリックして、「名前を付けて保存」をクリックして保存場所を選んで保存します。

ここまでは、もうみなさんご存知のことと思いますが、ExcelやWordなどのファイルの場合、実際のファイルが開いてしまうこともあり、その画面で右クリックしても「名前を付けて保存」が出てこないことがあります。

普通にExcelなどのソフトが起動した場合は、いつものように「ファイル」から名前を付けて保存をすればいいですし、GoogleChromeでOffice Onlineが起動した場合は、画面の右上に「ダウンロード」ボタンがあるので、そこをクリックして「ダウンロード」フォルダを確認しましょう。

Officeオンラインの画面

 

強制的に直接ダウンロードしたい場合

もう、そういう手間が面倒!サクッと一発でダウンロードフォルダに保存したい!という場合。

いい方法があります。

キーボードの「Ctrl」キーを押しながらリンクをクリックしてみてください。
ブラウザの表示は変わらずに、しれーっとダウンロードされます(笑)

ただクリックするだけだと、特別に設定されているサイトでない限り、圧縮ファイルくらいしか直接ダウンロードできませんでしたが、このウラ技で、利用者側で好きにダウンロードの仕方を選べるんですね!

ぜひ試してみてくださいね。

そして、あなたのサイトにも、そういう文言を入れておいてあげると親切かもしれませんよ!

 

※たぶんMacPCは「Command」キーでいけると思います。確認できたら教えてください♪

 

 

お問い合せはこちら

 

*ぱそりあ*のすべてのサービス

 

 

 

岸田みづなのレターポット

 

 

コメント欄の「Also post on Facebook」にチェックを入れてコメントするとFacebookにシェアできます。