どこにでもある商品やサービスがオンリーワンになる世界観

ホームページ用の写真撮影

昨日はお客様のホームページで使う写真の撮影に同行してきました。

お客様がカメラマンさんと撮って来た写真を、ホームページ制作側が素材としていただいて使うというのが一般的ですが、今回はホームページの世界観を大事にしたいということで、カメラマンさんとの打ち合わせから、同席させていただきました。

結果、これはいいぞ!という発見があり、今後こういう制作も取り入れて行こうと思ったのでシェアしたいと思います。

どこかで見た商品・サービス、どこかにありそうなホームページ

ホームページ制作でよくあるのが、お客様の描いているものが制作者に伝わらない、もしくはお客様がどんなホームページにしたいか、あまり具体的に描けていないということです。

そこで、ホームページ屋さんに頼めば何とかなるだろう、できれば安いほうがいいということで、「丸々お任せいただいて大丈夫ですよ。このお値段でご自身は何の負担もなくお作りしますよ。」という言葉にすがって、安いところに依頼するのだと思います。

よくある安価で作ってもらえるホームページは、(お客様にはナイショだと思いますが)ある程度のテンプレートがあって、その色や使用する画像を変えるだけで、オリジナルのホームページを作ったように見えるという、お手軽プランで作られることが多いです。

その場合、使われる画像は無料の素材屋さんから取って来た、どこかで見たことのある画像だったり、文章もありきたりな型にはまったものだったりするのです。

どこにでもあるサービスや商品で、ホームページも似たり寄ったりなもので、ブログ配信もあまりやってないとなると、あなたでないといけない理由って何なのか、ホームページからはわからないということになってしまいます。

独自のネーミング、有名なプログラム名は何の頼りにもなりません

やってしまいがちなのは、「変わったメソッド名」「独自の手技名」「有名な協会のプログラム名」を載せていればキラッと光るだろう、という勘違いです。

たまに「検索すると1位に表示されるんです」という方がいますが、固有名詞で検索して1位にあがるのは当たり前。
でも、あなただけのメソッド名、独自の手技名は、あなたのことをよく知っている人にしかわかりませんから、その固有名詞をいくらブログやホームページに載せていても、その言葉を知らない人は誰も検索してくれません。

せいぜいパンフレットや名刺に「○○で検索」と書いて、対面営業に使えるという程度です。

でも、この対面営業を甘く見ちゃいけませんよね!
名刺に「○○で検索」と書いて見てもらえたらラッキーですし、お話する中で「へぇ、じゃあ帰ったらHP見てみるね」となったりすることもありますから。

その時に、お任せで作った内容の薄いホームページ、どこかで見たような画像のホームページ、暗い写真のホームページ、世界観が伝わらないホームページだったりしたら、「ふ~~ん」ポチっと閉じられてしまいます。

お客様独自の世界観を大切にするホームページ制作

そこで、*ぱそりあ*では制作前のヒアリングを長く取り、ご希望を引き出せるだけ引き出して、できるだけご自身の言葉で、無理な場合は私が代弁して文章にし、オリジナリティーあふれるサイト作りを心がけています。

そのため、デザインには一貫性がなく(笑)制作実績を見ても、「この人に頼んだらこんなものができてくる」という安心感がないのは間違いありません!

だってホームページは私の「作品」ではありませんから。
出来あがりはお客様によって違ってきます。それはお客様の強みや世界観を引き出せた証拠だと思っていただけたら幸いです。

お客様の世界観を表現できない理由

とはいえ、お客様のご希望や世界観はわかったけれど、それを表現できないことも多々あるというのが現実です。

理由は主に、世界観に合う素材(画像や動画など)がいただけない、予算がないということです。
手持ちの写真が、スナップ写真だったり、欲しいものが写っていなかったり、ホームページで使えるサイズでなかったりした場合、予算的にカメラマンに依頼しない、有料素材を購入しないとお客様に言われたら、無料素材サイトから画像素材を取って来るしかありません。

ホームページを想定して撮っていないと、構図やサイズ、画質的にヘッダーにはできないとか、背景に使えない、全体のイメージに合わないといったことが起こります。

「こんな写真を撮ってきてください」とお願いしても、お客様にはチンプンカンプンだと思いますし、それをさらにカメラマンさんに伝えたところで、うまく伝わらないだろうなと思うのです。

写真を撮るにあたって、ご自身の服装やヘアスタイル、シチュエーションも世界観に大きく影響してきます。
それが、各パートパートで少しずつ食い違って、結局ほしい写真にならなかった、ということにもなりかねない。

間に人が入れば入るほど、とても難しい作業になるのですね。

写真がなくてもデザインで・・・と思うかもしれませんが、デザインもお金がかかりますし、写真なしでデザインだけで世界観を出すのには、業種によっては限界があったりします。

逆に、画像さえいいものがあれば、デザインはシンプルなもので充分とも言えるのです。

イメージを共有するためのワンストップ制作

今回、あるお客様のホームページ制作を進めるにあたり、そこのところがうまく回ったなと実感したので、この記事を書いています。

同じ商品を扱う人との差別化を図りたい

始まりはあるサービスの1ページもののホームページのご依頼でした。

そのサービスは現状、男性営業マンしかおらず、なんとなく「ものづくり系の施工」「工務店」的なイメージだったところに、初めて女性が参入したとのこと。

ホームページを作る際のキーワードも、下手すると電気屋さん、工務店さん寄りになりそうな感じでした。

  • 業者ではなく一般人向けにする
  • 「作業服の男性」ではなく「女性」がやっていることがわかる
  • 男性が見ても「女っぽさ」が前面に出ない
  • エビデンスがあり、ちゃんとした感がある
  • 今風のオシャレなサイト

が、絶対譲れないことということでした。

「初の女性○○」とか「日本で唯一の女性○○」なんて言葉は、すぐに死後になってしまうので、絶対使わない。
そこで「女性」を売らない。ということも徹底したいと思いました。

サイトのイメージ共有で先に箱を作る

サイトのイメージは、「こんなサイトみたいに」という参考サイトのURLを3ついただいて、色目や雰囲気を共有しました。

サイトに盛り込みたい内容をヒアリングし、こちらからも、最低限入れておいたほうがいい要素をご提案し、構成を決めて、とりあえず今ある情報だけでできるところまで制作。

エビデンスの裏取りと、本部への確認、Q&Aの内容など宿題を残しつつ、ヘッダーやプロフィールはこんな雰囲気の写真がほしいというイメージ画像を入れておきました。

必要な素材を集める

これでガワはほぼ完成なので、あとは宿題になっている素材を集めていく作業になります。

テキスト(文字)はお客様のほうでご用意いただく、写真は世界観を大事にしたいので、これまでの写真は使わず、あらためてカメラマンに依頼するということになりました。

撮影の打ち合わせ

カメラマンさんには、いきなり撮影の日時のアポを取って現地集合ではなく、事前に一度打ち合わせをしてからということになり、ご依頼により、私も同席させていただきました。

打ち合わせ内容としては

  • 暫定サイトを見ていただき、ホームページのイメージ共有
  • 私からヘッダー画像とプロフィール画像のイメージ提案
  • 撮影のシチュエーションと撮影場所選定
  • ザックリとポージングと構図決定
  • 服のイメージ、色、素材のすり合わせ
  • 日時決定(光の具合と人の多さで午前中集合)

結構細かいでしょ~!ビックリしましたか?(笑)

服装の相談

メッセージのグループを作り、解散後も気になるところは相談できるようにしました。

ほどなく、ご本人から「希望の服が見つかった」と連絡があり、「季節感がないほうがいい」とか「最近は冬でもノースリーブありだし」とか、そこは肌見せないほうがいいとか、「靴はどれがいい?」とか、カメラマン目線から、制作サイドから色々と意見をやり取りしました。

ヘアメイクさんともイメージ共有

今回、メイクはご本人が自分でするということでしたが、ヘアアレンジを美容室に依頼されました。

ここでも、サイトのイメージ共有がカギになります。
その美容室がブライダル専門だとか、和装専門だとか色々ありますので、その確認も必要。
出来あがってみたらイメージと違う、なんてことになっても、もう取り返しがつきません。

着る予定の服の写真と暫定サイトを美容室の方にも見ていただき、イメージを共有されていたので、当日は思った通りのできあがりでしたし、外で撮影ということで、崩れないようにしっかり固めてもらっていました。

gosso horie のオーナー野本雄樹さんによるアレンジ

「gosso horie」のオーナー野本雄樹さんによるアレンジ

画像をクリックすると拡大します。

gosso horie HP

gosso horie Instagram

 

撮影当日のアクシデントもチームで乗り越える

さてさて撮影当日、衣装に関することでちょっとした想定外のことがありました。
着て外に出てみないとわからない問題というものはあるものです!

これが男性カメラマンとお客様2人だけの撮影だと、どうにもならなかっただろうなと冷や汗ものですが、今回はカメラマンさんが女性だったということと、もう一人私がいたことで、機転が利く利く(笑)
3人寄るとなにやら…(かしましい、じゃないよ)というじゃないですか。そこから全てがうまく回り出しました!

ちょっとうれしいメイキングショット

これは余談ですが、カメラマンと被写体だけの撮影では実現しえないこと。

それは冒頭の画像にもあるように、カメラマンさんの写真も撮れる。メイキングショットが撮れるということですね。
後々ブログなどで、こんなふうに作りました、という紹介ができたり、素敵な写真を撮ってくれたカメラマンさんを紹介することもできます。

今回のお客様は、ホームページの末尾に制作チームのクレジットを入れてくださるそうです!嬉しい!!
そして、制作チームのそれぞれが、お客様のホームページを紹介する。そうやってシェアし合うことも、アクセスアップにつながり、いいことしかありません!

臨機応変に予定変更も制作目線で可能

外での撮影というのは、現地に行ってみないとどうなるかわからない部分が多々あります。

今回は、カメラマンさんが事前に現地を見に行ってくださっていたので、予定していたところでは厳しいかもしれないということが前日にわかっていました。

最も重要なヘッダーの写真が絶対に必要だったので、撮れなかったでは済みません。
なので、だめかもしれない場所を確認してから、他でいけそうな場所を探しながら撮れるものを撮っていきました。

とはいえ、4月29日の晴れの日。そこそこ日差しもきついですし、あまり消耗するわけにもいきません。
この場所はヘッダーに使えるか、ササっと判断して確実に撮る必要があるわけなんですが、やっぱり私が付いて行ってよかった。

カメラマンさんもWEBの知識がわりとある方なので、そこを二人で相談しながら撮れたのはホントに良かったと思います。

かなり歩きましたが、2人だと緊張感が先に立ってしまうところ、3人でワイワイやれたのも良かったかなと思っています。

そんなわけで撮影は完璧すぎるくらいうまくいったのでした。

撮影後にちょっと遊んじゃいました

その後、帰り際にSUPボードの体験に声をかけられ、「今日はボート乗れないな」と諦めていたところ、急きょ大川を堪能できることになったのです。

撮影チーム

ホームページの完成が楽しみです。
これから、撮影した膨大な写真の中から、ピッタリなものを、また3人でピックアップする予定です。

お客様の世界観を作るホームページ制作の近道

今回の撮影で、「これだー!」と思いましたね。

私が撮影、衣装、メイク、ヘア全部できればいいですが、そんなことはありえません。
やはりそれぞれに専門家がいます。

せっかくの専門家も、バラバラに利用すると、せっかく安くないお金を払って作るホームページも、どこかチグハグになって片手落ちです。

「なんか伝わらない」「何かが違う」「思ったものがもらえない」というモヤモヤは、単なるコミュニケーション不足が原因なのですが、チームでやることによって、誰かが誰かの補完をしてくれたりして、伝わっちゃうんですよね。

お客様が1人で、それぞれの専門家とやりとりするのも、専門知識がないと、かなり負担だと思います。
チームを作ることによって、専門家ならわかるよね、というところはこちらだけで進めることができてしまうのです。

いやーー、いいわ、これ!

これから、こんな制作をどんどん取り入れて行こうと思います。

専門家ネットワーク

*ぱそりあ*でホームページを作られる場合、ご希望でしたらカメラマンさんヘアメイク、スタイリストさん、ネイリストさんなど、ご紹介することができます。紹介ページがなかなか更新できていないのですが・・・💦
実際にはもっとたくさんご紹介できます。

もちろん、ご自身のお気に入りの専門家さんとご一緒させていただくのでも大歓迎!

ホームページ制作は、あなたのビジネスの一大プロジェクトなのですから、しっかりとあなたの世界観を創り上げましょう。

もちろんゆっくりご相談の時間を取らせていただきます。
まずは、チーム制作ってどんな感じなの?というお問い合わせだけでも結構ですので、お声がけくださいね。

今回のカメラマンさん「とよはらきい」さん

今回撮影してくださったカメラマンさんは、とよはらきいさん。繊細でふわっと素敵な写真を撮る方です。
ぜひブログを訪問してみてください。

とよはらきいさん撮影の写真

 

お問い合せはこちら

 

ホームページやWordPressカスタマイズは
一つ一つがオーダーメイドです。
メニューページにおおよその金額は書いておりますが
打ち合わせによって料金は結構変わります。
意外と安く済む場合もありますので
まずはご相談ください。

*ぱそりあ*のすべてのサービス

 

 

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

ついつい正論をぶちかましてしまう悪い癖がありますが、じつは、あまり細かいことにこだわらない、自称「気のいい」お母ちゃんです。

プロフィール

おすすめ記事