「このサイトと同じにしたい」は楽???

2018年1月19日(金)15:04

ホームページを作りたいとご依頼いただく時に、「前に見たあのステキなサイトみたいにしたい」とか「ほぼこれと同じでいい」というように、見本サイトをご提示いただくことがあります。

デザインやレイアウトのイメージをお伝えいただくために、参考サイトを見せていただくのは、とてもわかりやすくて嬉しいのですが、「このとおりでないとダメ」となった場合、ご理解いただきたいことがあるので、今日はそのことについて書いてみます。

こんなふうにしたいのにゃ

「こんなサイトにしたい」は簡単に実現する?

ホームページの作り方を簡単に分けると、昔ながらのHTMLで作るサイトと、WordPressの2つになります。

手間がかかる順番でいうと、

  • 1)WordPressのサイトを一から作る
  • 2)WordPressテーマをガッツリカスタマイズする
  • 3)HTMLサイトを一から作る
  • 4)WordPressのテーマを簡単にカスタマイズする
  • 5)WordPressテーマをそのまま使う

 

と、ザックリですがこんな感じになります。

誰かが作って提供しているWordPressテーマを、部分的に触ってカスタマイズするのは、基本的なガワができているから楽なんじゃないの?と思われがちですが、

これがけっこう曲者で、人が作ったものというのは、どこでどんな設定をしているのかを見つけるところから始まり、どの機能がどこでどう影響しているのかもわからないので、触っているうちにレイアウトがガタっと壊れたり、動くものが動かなくなったりすることがあるんです。

カスタマイズの度合いにもよるので、ご希望のサンプルサイトの見た目だけを見せていただいて、簡単に再現できるかどうか、すぐにお返事できないこともあります。

「これと同じでいいんです」ということが、実はそんな簡単なことではないこともあるんだ、ということだけ、ご理解いただければ幸いです。

見本のサイトがWordPressのテーマを使って作られているものでしたら、同じテーマを使ってカスタマイズすればいいので、比較的楽にできたりしますが、見本のサイトが、テーマを使わず一から制作したWordPressサイトだったりすると、再現するのは、結局一からの制作になるので、制作費もガッツリかかります。

似たようなテーマを見つけてきてカスタマイズするという手もあるのですが、先に書いたように、これがなかなか一筋縄では行かないので、意外と苦戦したりするのです。

*ぱそりあ*のサイト制作の金額も、それを考慮して設定しています。
上記のリストの1が一番高く、下に行くにつれて料金が安くなる感じですが、これもまたページ数やデザインにこだわるのかどうかでも違ってきます。

HTMLサイト?WordPressサイト?なにそれ?

一般的には、パッと見でHTMLサイトかWordPressサイトかとか、テーマを使っているのか一から制作したものなのかなんて、わからないということがほとんどですので、そこはご相談いただくのが一番です。

ブログ機能の付いたサイトがほしいのか、パンフレットや名刺代わりのサイトでいいのかだけ明確にしていただいて、お気軽にお問い合わせ下さい。ご相談は無料です。

*ぱそりあ*の無料相談詳細はこちら 

 

 

 

Share Now !Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント欄の「Also post on Facebook」にチェックを入れてコメントするとFacebookにシェアできます。