誰に向けての発信なのか、自分でしっかり認識して覚悟する

花を差し出す

いろんなツールがあって、みんなそれぞれ思い思いのものを使って日々発信しているんだけど

  • なんか反応がないな
  • 売上につながらないな
  • ノリについていくのがしんどいな
  • 嫌なコメントがつくのよね

などなど

悶々とすることがあるかもしれない。

 

で、

SNSに疲れちゃった
時間のムダかも
 
って離れてみたりする。

 

でも、ちょっと考えてみよう。

そもそも自分は何のためにそれをやっていて、
何を大切にしているのか?

  • 日常のプライベートの友達とのつながり
  • SNSでしかつながっていない古い友達とのつながり
  • 自分のサービスの見込み客に向けての発信

と、人それぞれ目的が違うはず。

それを、ひとつのツールで、ひとつのアカウントでやろうとすると、ブレてしまうのは仕方がないこと。

 

ある発信にめちゃくちゃいいリアクションがあったり、ある発信は無反応だったり…くらいならいいけれど

いい関係を続けていたい人が遠ざかってしまった・・・
ということもあるかもしれない。

業界や、集客の方法によってツールの使い方は色々だから

知らない人から見たら
「何やってんだか…」
という反応になってしまうこともある。

なので

「疲れる」前に、まず目的をハッキリさせておこう

プライベート重視にしても
お仕事重視にしても
 
それと合致しない人からは、反応が悪くても仕方がないと割り切ろう。

アカウントを分けるか、仕事で使わないなど、方法はいくらでもある。

なんとなくわちゃわちゃしているうちに
自分のペルソナにドンピシャのお客様が来てくれるなんて

そんな世の中甘くない。

そんなことを自戒も込めて話してみました。

 

 ペルソナ 
100人お客様が来たとして、その100人が全員こんな人だったら嬉しいなという、あなたにとっての理想のお客様像のこと

 

 

お問い合せ

サービス一覧

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

『先生』と呼ばれる講師・コンサルタントのプロモーション環境を構築します。あなたのコンテンツを眠らせないで、最大限に活用するため、発信、コミュニティ、コンテン...

プロフィール

あなたにおすすめの記事