SSL化をしたのに「保護された通信」にならないのはなぜ?

保護された通信になっているサイト

 

SSLって、たまに聞くけどなんなんだろう?

申し込みフォームや問い合わせフォームに個人情報を入力して送信するという場面は、最近では私たちの日常で普通に行われていることですが、ほんのちょっと前までは、「ネット通販なんて怖い」「ネットでカードを使うなんて…!」なんて言われていたんですよね。

住所や電話番号などの個人情報が盗み見されないように、通信を暗号化することをSSL化と言います。最近ではショッピングサイトだけでなく、一般のサイトでもSSL化しましょうという流れになってきています。

一般的にはSSL化はサーバーで設定でき、URLが「http」から「https」に変わります。

Google_Chrome_logo

そして、ほんのつい最近Googleが、常時SSL化しているサイトを、優先的に検索結果上位に上げるとして、GoogleのブラウザであるChrome(上のロゴのブラウザ)では、SSL化されているサイトには「保護された通信」と表示されるようになっています。冒頭の図のように、URLのバーの頭に書いてあります。

最も厳しい審査を通った証明書のあるサイトは、それに加えアドレスバーが緑色になるそうです。
私が普段使っている銀行のアドレスバーは緑色になっていませんし、まだどこでも見たことがないと思うので、そこそこ厳しい審査なのですね。

ちなみに、SSL化されていない場合はどうかというと、下の図のように「保護されていない通信」と表示されます。

保護されていない通信

見た目からして、自分のサイトがこんな表示だと嫌ですよね!

たいていのサーバーで、無料でSSL化設定ができますので、セキュリティー的にも、SEO的にも、見た目的にも設定しておくことをおすすめします。

ちなみに、警視庁や内閣府のホームページは「保護されていない通信」でした(笑)

SSL化にしたのに「保護されていない」になる

サーバー側でSSL化の設定をして、URLも「https」になったのに、アドレスバーの横に「保護されていない通信」と表示されてしまうこともあるようです。

サイト内でリンクしているURL全てが「https」に変わっていない、画像のURLが「http」のままだったりすると、「保護されていない通信」のままになります。

ページ数の多いサイトになると、一つ一つ探して修正していくのは大変ですね!

でも大丈夫!

プラグイン「Search Regex」を使ったり、「functions.php」に追加でコードを入れたりで、一瞬で「http」から「https」に替えられます。

ですが、私のブログを読んでくださっているあなたには、自分で触ることはすすめしません。
簡単に、と言ってもプログラムのコードをさわるので、サイトが壊れてしまったりすることもあります。
なるべく本職の人にまかせてくださいね。

ではでは。

 

お問い合せ

サービス一覧

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

ネット集客、プロダクトローンチ、コミュニティー構築、ウェビナーなど各種ビジネス塾にて学ぶ。見せ方の相談ができる『小規模事業者のためのIT裏方さん』として活動...

プロフィール

おすすめ記事