ビジネスの2パターン。自分のタイプを知ろう!

別方向から同じ方向を向いている二つの矢印

今日、つい今さっき、所属しているコミュニティーで、目からウロコの学びがあったのでシェアします。

ビジネスの形態を2つに分けるとしたら

■1■
まずは好きな人とのつながりを育てる。
好きな人の役に立つことをする。(ここは無償の可能性大)
(いつか)ありがとうとともにお金をいただく。
始めは小さい仕事でも、やがて大きな仕事につながっていく。
人と人とのリアルなつながり、SNSやお茶会などコミュニケーションが得意な人に向いている。

■2■
好きな人を想定しながらその人の役に立ちそうなコンテンツや商品を、無料プレゼントでも有料でもいいので、広告や告知で先に提供する。
お客様が集まってくる。
その中のお互い好きな人と、メルマガ、LINE、コミュニティーでさらに密につながり、太く大きな仕事へとつながっていく。

 

2は始めから商売になっていて、1のタイプの人からは時には「悪」と言われることがある。

けれど、この1と2、どちらも間違いではない。どちらも悪ではない。
ただタイプが違うだけ。

ここで一番大切なのは、両方混同してしまうと辛いことになる、ということ。

 

  • とりあえず今、商品になるようなコンテンツがない人はパターン1
  • SNSでもリアルでも、初めての人とコミュニケーションを取るのが苦手な人はパターン2

 

消去法でもいいのでそんな風に考えてみると、「なんかうまくいかない」「辛い」から解放されたりするかもね。

 

ということなのですが

私は、このパターン2の方がどうすればいいか知っているし、技術的にもサポートするのがめちゃくちゃ得意ということ。
パターンを分類することで見えてきた、当たり前なようでボヤっとしていたことです。

 

 

お問い合せ

サービス一覧

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

『先生』と呼ばれる講師・コンサルタントのプロモーション環境を構築します。あなたのコンテンツを眠らせないで、最大限に活用するため、発信、コミュニティ、コンテン...

プロフィール

あなたにおすすめの記事