ホームページ制作や運用の満足度もコミュニケーションが大事!

ホームページ制作の相談

時々、というか結構よく聞く話なのですが、

「このホームページなんて作るの簡単なんでしょ?」
「なんでこんなサイトでそんなお金かかるの?」
「毎月高いお金払ってるのに何もしてくれないねん」

というもの。

「うわぁ~、それは業者さんがかわいそうだよ~」と思うことが多々あります。

「しょぼい」とか「凄い」という評価は、一般のユーザーさんと制作する人とで、見方が違います。

デザインのカッコイイサイトは、しっかりデザイン料をかけて、デザイナーさんにデザインしてもらってからコーディングしていたりするので、見た目なりの料金がかかっているというのが一般的ですが、

最近流行りの平面的な「フラットデザイン」を、「おしゃれ、カッコイイ」と思うか、「デザイン性がない、寂しい」と取るかによって評価が変わってくるということもあります。

サイトの中身の構造やシステム、デザインのことがわからない一般の方は、パッと見た目で判断するので無理もないのですが、超シンプルな見た目のサイトが、実は作るの大変だったということもあったりします。

保守契約でも同じなのですが、期日までに素材がもらえないから更新しなかったのに、何もやっていないと言われる。
催促したり修正したり、もらった写真の補正など、目に見えない作業があり、それで1時間、2時間平気でかかってしまい、1万円ではできない、という業者さんが多いのです。

また、HTMLで作ったサイトなのか、WordPressサイトなのか、ペライチなのか、JimdoやWixなのかというのも、一般の方にはわかりませんし、SEO対策できているのか、レスポンシブ対応しているのかということも、わからないですよね。

うちのサイトはブログ更新していて、トップページの更新情報に連動しているので、頑張ってブログを書いていけばSEO対策できて検索されるサイトになると思っていたら、実はブログはアメブロで、更新情報は管理者さんが手動で行を足していたということもあったりします。

後になって

「WordPressじゃなかったの?」
「自分でさわれるようにしてくれなくて、更新のたびにお金がかかる」
「デザインがしょぼい」

など不満が出て来たりすることもあるかもしれませんが、たぶん業者さんは「予算の範囲内でできることをした」のだと思います。

なので、ホームページ制作やリニューアルを検討される場合、以下のことをはっきり伝えていただくことをおすすめします。

  • 予算(イニシャルコスト、ランニングコスト)
  • サイトの目的(パンフレット代わり、クロージングしたいなど)
  • 更新担当が社内にいるか(必要な知識があるか)
  • デザインを重視する?
  • ほしい機能は何?

 

これらの情報があやふやで、コミュニケーションが取りにくい状況だと、制作する側も予算の範囲で一般的な作りにするという方法を取ってしまうこともあるかと思います。

予算を伝えると、その予算いっぱいいっぱい取られてしまうのでは!?と心配する方もいらっしゃると思いますが、たぶんですが、どちらかというと、「それ全部実現するには、もっと予算がほしい」ということのほうが多いような気がします。

なので、予算はしっかり伝えてください。

その範囲で、できることできないことを相談し共有することが、今後のトラブルを回避することにもなるかと思います。

 

お問い合せ

サービス一覧

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

ネット集客、プロダクトローンチ、コミュニティー構築、ウェビナーなど各種ビジネス塾にて学ぶ。見せ方の相談ができる『小規模事業者のためのIT裏方さん』として活動...

プロフィール

おすすめ記事