ホームページの「自分で変更できる」範囲について

自分で変更できる範囲は限定されます

ホームページをご依頼いただくと、よく「自分で変更できるようにしてほしい」と言われます。

特にWEB制作の知識がない方ですと、「変更できるようにした」と言うと、すべての箇所が変更できると思ってしまうことが多いのですが、基本的にそういうことはありません。

まったく知識のない方がホームページを更新する場合、投稿記事をアップする画面と同じような操作でさわれる範囲が変更できる箇所ということになります。

少し知識があってHTMLが読める、CSSをコピペすればちょこっと変更するくらいはできるという方でも、サーバーからファイルをダウンロードしてきて編集して再度アップするということまでやってしまうと、万が一サイトが崩れてしまった時に対処できなくなってしまいます。

たまに、触ってしまってグチャグチャになってから「直してください」と言われることがありますが、最悪は一から作り直しということにもなりかねません。(そのためにも触る前にバックアップは取っておいたほうがいいですね。)

 

自分で変更したい箇所は制作前に決めておく

制作に入る前に、事前打ち合わせを必ずします。その時によく変更する箇所をお知らせいただいて、自分で変更したいのか都度こちらに依頼するのかを決めていただきます。

お客様がご自身で変更したい箇所は、投稿画面と同じような操作で変更できるように作る必要があるので、それは必ず先に決める必要があります。

WordPressでないホームページの場合、簡単に変更できない場合があるので、ちょくちょく変更する予定の場合はWordPressサイトが便利なのかなと思います。

WordPressでしたら、HTMLやCSSがわからなくても、トップページやサイドバーに表示させる内容を変更したり、写真を変更したりすることも可能です。(それなりに操作を覚えていただく必要はあります。)

WordPressでも、ヘッダーを変更する時はここ、この写真を変更する時はここ、というように、操作の仕方はテーマによってそれぞれ違いますので、今後の運用に合ったテーマを選ぶことも大切です。制作ご依頼いただいた際には、一緒にテーマ選びもいたします。

 

自分で変更するホームページを作る際に注意して頂きたいこと

WordPressでサイトを作って、その後の変更をご自身でやりたい場合、その変更箇所が多岐にわたる場合、始めの制作時にあまりレイアウトやデザイン面で、もとのテーマをいじくりまわさないでおくことが大切です。

もともと選んできたテーマのレイアウトやデザインを変えてしまうと、HTMLやPHP、CSSという専門知識がないとできない部分を触ることになります。そうすると今後ご自身で写真や文章を変更する際も、WordPressの管理画面で簡単に変更出来なくなる可能性があります。制作時にお伝えしますが、なるべくシンプルに作ることをおすすめします。

 

 

 

mizuna

ネット集客、プロダクトローンチ、コミュニティー構築、ウェビナーなど各種ビジネス塾にて学ぶ。見せ方の相談ができる『小規模事業者のためのIT裏方さん』として活動...

プロフィール

おすすめ記事