そもそもウェビナーって何ですか?にお答えします。

今、ホームページ制作と動画編集との3本柱でやっているのが、ウェビナー支援。

けっこう大がかりなお仕事になるのですが、ウェビナー支援って何? いや、そもそもウェビナーって何よ?という方も少なくないと思いますので、今日はウェビナーって何?について書いてみようと思います。

ウェビナーとはWEB上で行うセミナーのこと

ウェビナーとは「WEB」と「セミナー」が合体した造語です。

WEB上で行うセミナーのことをウェビナーといいます。

WEB上というと、「FacebookライブとかYouTubeでも簡単なセミナーやってるよね、あれくらい誰でもできるし支援なんていらなくない!?」と思うかもしれませんね。

ではこちらの図を見ていただけますか?

ウェビナーのフロー

たぶん、これで8割がた「あ~あ~!それね!」となるのではないでしょうか。

そう、単発で行うFacebookライブ配信や、常にネット上で見られるYouTubeとは、ちょっと違います。

メールアドレスを登録してもらう

メルマガ(ステップメール)配信

期間内にWEBセミナーを見て学んでもらう

もっと学びたい人に商品紹介

購入

あなたのサービスを必要とする人のリストができる

というものです。

図の中の左右に広がる部分はできなくても、真ん中の縦に降りて来る矢印部分だけでウェビナー開催は可能ですが、せっかくメールアドレスを登録してくれた視聴者を取りこぼしなくあなたのメインサービスへ案内するためには、左右の矢印部分も取り組んでおくとベストです。

ガッツリ儲けるローンチと何がちがうの?

「WEBでセミナー」と聞くと、何百万、何千万と儲けることができると勘違いする方がけっこういらっしゃいますが、それは主にプロダクトローンチと言われる手法で、ウェビナーの場合は少し違ってきます。

ザックリ言うとローンチは膨大なリスト(メールアドレス)に3~4回動画を送り、1ヶ月くらいかけてクロージングする大がかりなもので、各役割ごとに複数人のプロが関わり、経費もかなり(7ケタ)かかります。

ウェビナーは、やり方によって色々ですが、やろうと思えばあなた一人でサーバー代だけでできる気軽なものです。

そして、ウェビナーの目的は目先の金銭的な「儲け」ではなくて、あなたのサービスに興味がある、あなたのサービスを必要としている人を集める、もしくは、既にあるリストを「濃いリスト」にするためのもので、セミナー後に案内する商品なりサービスは無料~数万円のものがベストという感じになります。

そこで得たリストにメルマガだとか、LINE@で継続してメッセージを送り、今後のビジネスにつなげていくという流れになります。

もちろんそのリストに、別のウェビナーやローンチを案内するのもあり、というわけですね。

ウェビナーで必要な作業とスキル

では、ウェビナーを開催するには、何ができないといけないかってことですが、下記にあげてみたいと思います。

WEBセミナーでどうしたいのかがはっきりしている

「売る商品がある」ということではなくて、WEBセミナーで視聴者に何を得てもらうのか、何をコミットするのかをはっきりさせておく必要があります。

「セミナーを見たけど、何だかよくわからないうちに何かセールスされた」というウェビナーは最悪です。

「ウェビナーの話の途中で、ここから先は○○を買わないと教えられません」ということではなくて、ウェビナー内で完結するコンテンツを用意しておきましょう。

WEBセミナーを開催する

WEBセミナーですから、ネット上でセミナーができなくてはいけません。リアルタイムでライブ配信でもいいですし、あらかじめセミナーを撮影しておいて動画配信でもいいのですが、告知したタイミングに視聴者にちゃんとそれを届けることができる必要があります。

WEBページが作れる

メールアドレスを入力してWEBセミナーの視聴登録をしてもらうページ(オプトインページ)やウェビナーを配信するページ、販売ページ、決済ページなどが必要です。

メルマガ登録フォームや決済機能にリンクすることができれば、無料のホームページ作成ツールでも大丈夫です。

メルマガを配信する

オプトインページでメールアドレスを入力した視聴登録者に、ウェビナー開催から販売終了までの期間ステップメールを配信します。

また、購入してくれた方にフォローメールを送ったり、今回は購入を躊躇した方にメールを送ったりするのも、あらかじめ設定しておくことで、思ったタイミングで自動的にメールを送ってくれるシステムが、ほとんどのメルマガスタンドにあります。

決済代行システム導入

ほしいと思った時に、すぐ購入してもらえるように、銀行振込だけでなくクレジットカードを使えるようにしておくと便利です。

決済代行サービスのPaypalを連携させておくといいのですが、Paypalで料金収納するためには、ビジネスアカウントの登録が必要です。

審査には2~3週間かかることもありますので、早めの申請をおすすめします。

会員サイト開設

購入者さんはもちろん、購入されなかった人にも後々メールを定期的に配信することは大切なことですが、それ以外に、購入者さんには、会員サイトにログインしてもらって、コンテンツを見られるようにしておくと、特別感が増します

特に固定のコンテンツがなく、あなたとのやり取りがコンテンツだという場合は、Facebookグループで有料のオンラインサロンを作る、または、無料のコミュニティを作ってもいいかもしれません。

動画講座やマニュアルがある場合は、ぜひ会員サイトを作りましょう。

全てのフローを自動で回すオートウェビナー

以上、ウェビナーのフロー全体で必要とされるスキル、作業をあげてみました。

かなり盛りだくさんですね!
言ってみれば、ウェブマーケティングツールの基本的なものは全部使ってるということになります。

読んでいるうちに、「私には無理だ~!」とゲンナリしてきてしまった方もいらっしゃるのでは・・・?

ですが、ご安心ください。

これらは全て、はじめに設定しておけば後々全自動で運用することができるものなのです。

全自動の設定は、もちろんプログラムの設定が必要です。
そこさえクリアすれば、後は放っておいても、ウェビナーのフローが勝手に回ってくれるというシステムがあります。

では、もう一度ウェビナーのフローを見てください。

ウェビナーノフロー

これが全部自動で回ったら楽チンではありませんか!?

この「ウェビナーで必要な作業とスキル」については、すべて*ぱそりあ*でサポートすることができます。

今ちょうどそのサポートをしているウェビナーができあがり、9月末にオプトイン開始しました。

 

 

ウェビナー支援システムの詳細

*ぱそりあ*のすべてのサービスを見る

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

ついつい正論をぶちかましてしまう悪い癖がありますが、じつは、あまり細かいことにこだわらない、自称「気のいい」お母ちゃんです。

プロフィール

おすすめ記事