WordPress5.0へのメジャーアップデートにともなう*ぱそりあ*の対応について

今日、WordPressのダッシュボードを開いて「おっ!」っと目を引いたのが
「WordPress5.0に自動更新できます」の文字。
これまでが「4.9.8」だったので、マイナーチェンジではなくて、メジャーチェンジになります。

WordPress5.0への更新

WordPress5.0で変わったGutenbergエディタ

ためしにテストサイトで更新してみました。

更新する時は、くれぐれもバックアップを取って、元の状態に戻れるようにしてからにしましょう!

投稿画面を見るとビックリです!

これまでの画面と違います。

こんな感じ
↓ ↓ ↓ 

WordPress5.0の投稿画面

「えっ!?」って・・・焦ります(笑)

「Gutenberg」というエディターだそうですが、イメージとしてはJimdoやWixのようにブロックで編集できるものと同じような感じです。
初めてこれを使う方にとっては、感覚的に使えていいのかもしれませんが、従来の編集画面に慣れている人は、かなり戸惑うだろうなぁ、という印象です。

動画の中で、エディタで文字を入力している文字の大きさと、実際に公開された文字の大きさのギャップが激しいのも、なんともビミョーな感じですね。
画像にテキストを回り込ませるところ、「サンプルテキストサンプルテキスト」と入れただけでいっぱいだったのに、実際公開してみるとチョロっと文字があるって感じです。

なんだかなぁ・・・。

特に私のように、HTML表示のテキストエディタをよく使う身としては、使いづらいとしか言いようがない。

そして、*ぱそりあ*でWordPressサイトを作らせていただいた方にご提供しているマニュアルサイト が、ガッツリ旧エディタ仕様なので、急ぎ動画を撮りなおさなくては!というところなのです。

とはいえ、いろいろググってみると、このGutenberg、まだまだ発展途上のようで、評価もあまり良くなく、これから仕様が変わる可能性大なので、当面は従来のエディタを使っておくのが賢いかなと思っています。
後の項で説明します。

WordPress5.0に更新したほうがいい?

WordPressの更新は、機能のアップデートばかりではなく、マイナーチェンジではセキュリティーのバージョンアップが主だったりするので、更新はしておきたいところです。

今回のメジャーチェンジにしても、Gutenbergで全然いいし、早いとこWordPress5.0に更新しちゃおう!という方もいらっしゃるかもしれません。

制作会社さんによっては、納品後は一切更新の案内はしない、というところもあるようなので何とも言えませんが、そういう場合は、あくまでご本人の責任のもと行っていただくということになりますね。

WordPressサイトは、プラグインやテーマなど、いろいろなソフトウェアをインストールして作っています。
WordPressが更新されてすぐのタイミングでは、それらのテーマやプラグインが新しいバージョンのWordPressに対応していない場合があります。

慌ててWordPressを更新してしまって、プラグインが使えなくなってしまったり、テーマがうまく反映されなかったりということもあり得ます。

特に今回はメジャーチェンジということで、WordPressが大きく変わっています。

更新する時は、必ず元の状態に戻れるようにバックアップを取ってから行いましょう。
※*ぱそりあ*で保守契約をされている方は、こちらで対応しますので、ご心配なく。

プラグインが対応しているかどうか、どこで見たらいいかというと、これも「更新」の画面です。

このように「WordPress5.0との互換性」が記載されている場合はまずOK。
お使いのプラグインやテーマが対応OKと確認してから更新しましょう。(この場合もバックアップは必要。)

とはいえ、テーマの互換性って、なかなかわからないのが正直なところ。私の場合、えいやっ!とやってしまうことも多々あります。(笑)
もちろん、しつこいですけど、バックアップ!

更新前のバックアップは必須

そもそもバックアップってどうやるの? ですが、これについては「WordPress バックアップ」で検索すれば、いろいろ出てきます。

方法はいろいろあるのですが、こちらの動画も参考にしていただければと思います。

バックアップから復活させる手順については、ちょっと難しいので、ここでは省略します。
とりあえずバックアップさえ取ってあれば、私なり、わかる人に代行してもらうこともができますが、バックアップがなければ、私たちでもどうにもできないので、ぜひバックアップを取っておいてください。

== 補足 ==

ロリポップサーバーを使っている方は、バックアップ中に「警告: ファイル”/・・・/install.php”が読めません !」という警告が出る場合があるようですが、バックアップは取れているので、大丈夫です。
警告が出ないようにするには、「install.php」ファイルのパーミッションを「644」などに変更すればいいのですが、専門的なことがわからない、サーバーのファイルを触るのは怖いという方は、そのままにしておいてください。
ロリポップでは、このファイルはWordPress の設置時のみ利用されるファイルなので、削除しても差し支えないとのことです。
wp-admin」の中の「install.php」を削除してしまうというのも手かもしれません。

投稿画面のエディタは従来のものを使いたい場合

セキュリティーのこともあるし、テーマもWordPress5.0に対応してそうなので、更新したいけど、エディタが変わるのはちょっと・・・という場合、WordPressは最新に、エディタはこれまで通りという道もありますのでご安心ください。

新エディタのままでも、ブロックの中に「クラシック」というのがあって、従来のエディタは使えるようにはなっているのですが、なんせ編集画面の幅が狭くて使いづらいので、できたら前のように広々と使いたいですよね。
私を含め、そんな方のために以下2つの方法をご紹介します。

WordPress5.0に更新して、新エディタのGutenbergに一旦変わります。
そのあと、旧エディタを使えるようにする方法です。

従来のエディターを復元するClassic Editor

「Classic Editor」というプラグインでGutenbergを無効にする方法です。

Classic Editor プラグインをプラグインディレクトリからダウンロード、または、WordPress 管理画面の「プラグイン」→「新規追加」から検索してインストールし、有効化することで、デフォルトの設定で従来のエディター(クラシックエディター)を継続利用できるようになります。

既存のサイトであらかじめ Classic Editor プラグインを有効化しておけば、 WordPress 5.0 に更新した時に従来のエディターがブロックエディターに置き換わる動作を回避することができますので、従来のエディターを継続利用すると決断された方は Classic Editor プラグインを事前に有効化することを忘れないようにしてください。(WordPress.orgより転載)

無効にするといっても、必要に応じてGutenbergに切り替えることもできます。

ダッシュボードの「設定」→「投稿設定」でClassic EditorとGutenberg(Block Editor)の切り替えができます。

Classic EditorとGutenberg(Block Editor)の切り替え

「変更を保存」ボタンをクリックして設定を保存することをお忘れなく!

新エディタを無効にするプラグインDisable Gutenberg

Gutenbergを無効にし、デフォルトのエディタ画面に戻すプラグインです。

プラグイン新規追加画面で「Disable Gutenberg」で検索すると、2つ出てくるので迷いますが、いろいろ検索して出てくるのが上のプラグインだということと、インストール数が上のほうが圧倒的に多いということで、今回は上のほうを選択してみました。

DisableGutenberg

プラグインのオプションでは、以下の機能も備えています。

  • Gutenbergをすべての記事で完全に無効にする
  • Gutenbergを特定の記事でのみ無効にする
  • Gutenbergを特定のユーザーロールに対して無効にする

フレキシブルでありながらシンプルで、使いやすく簡単です。(https://coliss.com/より転載)

Gutenbergの設定

Disable GutenbergとClassic Editorどちらがいい?

上記2つのプラグイン、何が違ってどちらがいいの?については、すみません、私も正直わかりません。
インストール数から見ると、Classic Editorを採用している方のほうが多いように見受けられます。

微妙にロジックが違うのでしょうが、使用感はまったく変わりませんでした。

Disable Gutenbergは、メニューから完全に「Disable Gutenberg」の存在を消すことができますが、プラグインの「有効化」をオンオフすることで、Gutenbergに戻すこともできます。
まぁあまり複雑なことはしないほうがいいと思うので、旧エディタで書いたものは一貫して旧エディタで編集するのがいいとは思いますが・・・。

後々のためにGutenbergにも慣れておきたいが・・・

徐々に「Gutenberg」の使い方にも慣れていきたいということなら、「Classic Editor」をインストールして、記事ごとに切り替えて使うというのがおすすめかもしれません。

ちなみに私は、自分のメインサイトでは、テキストエディタをサクサク使いたいので、「functions.php」にコードを書くことで、Gutenbergを完全に無効にすることにします。

テストサイトにて、「Gutenberg」も使いながら、マニュアル動画も順次アップしていきたいと思います。

今回参考にさせていただいたページ。

WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと
Gutenbergの準備がまだの人に、WordPressのGutenbergを無効化する方法のまとめ
衝撃に備えろ!WordPress 5.0では新エディタ「Gutenberg」が採用され旧エディタは廃止!?
【WordPress】install.phpが原因でBackWPupに警告が出る場合の対処法
How to Disable Gutenberg and Keep the Classic Editor in WordPress

 

 

お問い合せ

サービス一覧

 

岸田みづなのレターポット

mizuna

ついつい正論をぶちかましてしまう悪い癖がありますが、じつは、あまり細かいことにこだわらない、自称「気のいい」お母ちゃんです。

プロフィール

おすすめ記事